コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後期高齢者 コウキコウレイシャ

デジタル大辞泉の解説

こうき‐こうれいしゃ〔‐カウレイシヤ〕【後期高齢者】

高齢者のうち、75歳以上の人のこと。→後期高齢者医療制度

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後期高齢者
こうきこうれいしゃ

75歳以上の高齢者をさすことば。2013年(平成25)9月15日時点の総務省の推計によると、全国に約1560万人いる。もともとは人口学や老年学の学術専門用語で、75歳以上を「後期高齢者」、65歳から74歳までを「前期高齢者」と区別していた。75歳以上になると複数の疾病を発症しやすく、入院比率や長期療養比率が高まり、自立した生活を送ることがむずかしくなるなどの特徴がある。2006年に「高齢者の医療の確保に関する法律」(高齢者医療確保法)が成立し、2008年4月から75歳以上を切り離した独立の健康保険制度「後期高齢者医療制度」が発足したことで、後期高齢者ということばが広く国民に知られるようになった。しかし後期高齢者という名称には、「75歳以上を切り離すのは差別的」「現代の姥(うば)捨て山」であるといった批判が強い。そのため、後期高齢者医療制度の名称については、「長寿医療制度」という通称名を使用することもある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

後期高齢者の関連キーワード後期高齢者医療制度と人間ドック重度障害者の医療費補助後期高齢者医療広域連合06年の医療制度改革日本創成会議の提言日本の健康保険制度財政負担の仕組み限度額適用認定証後期高齢者支援金高齢運転者標識保険料の天引きホスピスの費用認知機能検査老人保健制度もみじマーク長寿医療制度人口減少社会公的医療保険公営事業会計医療制度改革

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後期高齢者の関連情報