コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後期高齢者 コウキコウレイシャ

2件 の用語解説(後期高齢者の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうき‐こうれいしゃ〔‐カウレイシヤ〕【後期高齢者】

高齢者のうち、75歳以上の人のこと。→後期高齢者医療制度

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後期高齢者
こうきこうれいしゃ

75歳以上の高齢者をさすことば。2013年(平成25)9月15日時点の総務省の推計によると、全国に約1560万人いる。もともとは人口学や老年学の学術専門用語で、75歳以上を「後期高齢者」、65歳から74歳までを「前期高齢者」と区別していた。75歳以上になると複数の疾病を発症しやすく、入院比率や長期療養比率が高まり、自立した生活を送ることがむずかしくなるなどの特徴がある。2006年に「高齢者の医療の確保に関する法律」(高齢者医療確保法)が成立し、2008年4月から75歳以上を切り離した独立の健康保険制度「後期高齢者医療制度」が発足したことで、後期高齢者ということばが広く国民に知られるようになった。しかし後期高齢者という名称には、「75歳以上を切り離すのは差別的」「現代の姥(うば)捨て山」であるといった批判が強い。そのため、後期高齢者医療制度の名称については、「長寿医療制度」という通称名を使用することもある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後期高齢者の関連キーワード高齢者前期高齢者特定高齢者終身借家制度高齢者中心の組織後期高齢者医療制度と人間ドック高齢者の医療費助成制度再犯と社会復帰高齢者と骨折交通事故と高齢者

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

後期高齢者の関連情報