コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老年学 ろうねんがくgerontology

翻訳|gerontology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

老年学
ろうねんがく
gerontology

老化あるいは加齢現象を研究する科学。加齢現象のうち,老年学では特に,個体の成熟から自然死までの期間に生じる変化を対象とする。その研究課題は次の4つに大別される。 (1) 高齢者増加に伴う社会的,経済的問題。 (2) 老化の精神的側面 (知的能力や適応性の変化など) 。 (3) 老化の生理学的原理 (疾病との関連を含む) 。 (4) すべての動物における加齢の生物学的究明。老年医学はこの老年学の中核をなすものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ろうねん‐がく〔ラウネン‐〕【老年学】

gerontology》医学・生物学・心理学・社会学などの面から老年期における諸問題を総合的に研究する学問。老人学。ジェロントロジー

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ろうねんがく【老年学 gerontology】

老年に関する科学としての老年学(ジェロントロジー)ということばは,1944年にアメリカにおいて老年学会Gerontological Societyが結成され,その機関誌《老年学雑誌Journal of Gerontology》が刊行されたことから一般化したものである。老年についての科学的研究は,生物学や臨床医学を基礎とする老年医学から出発しているが,しだいに心理学や社会科学を含めた総合的研究へと進むとともに,老年期それ自体の研究から,むしろ加齢老化agingの研究へと発展してきている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

老年学
ろうねんがく
gerontology

老年あるいは老化を共通の研究課題として、医学、生物学、心理学、および社会学あるいは社会福祉学などの各分野から老年期を多面的に解明していくとともに、老年期における多様な具体的諸問題に総合的に対処するための視点の提示を目標とする学際的な研究領域である。医学・生物学の観点からは、生命現象としての老化の本質や老化の形態学、機能的な代謝面での発現形式、あるいはまた老人性痴呆(ちほう)を代表とする精神的老化などが研究され、心理学的観点からは、老年期の知能、性格、性、死の問題などが研究課題として取り上げられる。また社会学(老年社会学)の分野においては、人口問題論的観点からの高齢化社会の位置づけ、老・中・青の世代間の社会意識、社会的評価の変化や、老年期における家族、就労、住宅、地域環境、移送体系、生きがいやクオリティ・オブ・ライフquality of life=QOL(生活の質)の問題、およびそれらの問題に対する福祉的対応の実態と方法的課題などが研究対象とされている。
 老年学研究のむずかしさは、老年期を一定の年齢をもって画一的に規定することができない点にあろう。高齢者が抱える問題のうち身体的・肉体的な問題にしろ、精神的・心理的問題にしろ、また社会的・文化的問題にしろ、いずれの観点からみても個人的差異が大きいばかりでなく地域的な特異性があり画一的に論じることは困難である。また、ひと口に老年期といっても、その特性は一様ではなく、一個人に関してみても段階的に変化するというところに存在する問題もある。すなわち、研究対象の確定は理論的には可能であるにしても、現実的にはかなり不確定な部分が大きいので、理論と現実とを結び付ける対象と方法の整備が老年学の課題となっている。また医学、生物学、心理学あるいは社会学また社会福祉学などを横断する学際的研究が必要であるために、各専門分野の相互関連性が問われることになる。またさらに臨床や介護などのミクロ的視点と公衆衛生や人口、経済、法律などのマクロ的視点を統合した研究がなされなければ成果は期待されない。
 いずれにしても老年学は、生理的な死に至る病理過程を研究するのみではなく、最近では、老年期は「人間の生に伴う常態」であるという認識をもとに老年学研究が展開されるようになった。平均寿命が延び、子供の出生数が減少して、人口の高齢化が一定のレベルに達し、老年期に関連する諸問題が顕在化し多様化の様相をみせ始めてから急速に発展してきているといっていい。とりわけ、人口の高齢化が速い速度で進展している日本の研究が世界をリードしていることは間違いない。今後は、日本のみならず世界中でこの領域の学問の重要性はより高まっていくであろうことは疑いを入れない。なお、老年学の国際的な学会としては国際老年学会が1950年(昭和25)に結成され、日本においては、1959年に日本老年医学会、日本老年社会科学会からなる日本老年学会が発足した。また1978年の第11回国際老年学会は、日本老年学会が主催し東京で開かれた。その後、日本老年学会には、1981年に日本基礎老化学会、1991年(平成3)に日本老年歯科医学会、1999年に日本老年精神医学会、2003年に日本ケアマネジメント学会が加盟し、現在日本老年学会は計六つの独立した学会から構成されている。[那須宗一・吉川武彦]
『橘覚勝著『老年学――その問題と考察』(1971・誠信書房) ▽長谷川和夫・那須宗一編『Handbook老年学』(1975・岩崎学術出版社) ▽太田邦夫・三浦義彰・江上信雄編『老年学』(1976・朝倉書店) ▽湯沢雍彦編『老年学入門』(1978・有斐閣) ▽古瀬徹著『創造的な長寿社会への道――政策老年学からの提案』(1986・中央法規出版) ▽ジャック・ボトウィニク著、村山冴子他訳『老いの科学』(1987・ミネルヴァ書房) ▽一番ケ瀬康子・入来正躬・亀山正邦・長谷川和夫編『老年学事典』(1989・ミネルヴァ書房) ▽森幹郎著『老いとは何か――老い観の再発見』(1989・ミネルヴァ書房) ▽水野肇著『40歳からの新老年学Q・O・L時代の生き方』(1992・労働旬報社) ▽柴田博・芳賀博・長田久雄・古谷野亘編著『老年学入門――学際的アプローチ』(1993・川島書店) ▽I・ステュアート・ハミルトン著、石丸正訳『老いの心理学――満ちたりた老年期のために』(1995・岩崎学術出版社) ▽関口礼子編『高齢化社会への意識改革――老年学入門』(1996・勁草書房) ▽下仲順子編『老年心理学』(1997・培風館) ▽田中耕太郎・辻彼南雄編『老年学入門――これからの高齢者ケアのために』(1997・日本評論社) ▽北徹監修、村上元庸編『老年学大事典』(1998・西村書店) ▽折茂肇・吉川政己・今堀和友・原沢道美・前田大作編『新老年学』第2版(1999・東京大学出版会) ▽堀薫夫著『教育老年学の構想――エイジングと生涯学習』(1999・学文社) ▽大内尉義著『標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野 老年学』(2001・医学書院) ▽冷水豊編著『老いと社会――制度・臨床への老年学的アプローチ』(2002・有斐閣) ▽ロイ・J・シェパード著、柴田博・新開省二・青柳幸利監訳『シェパード老年学――加齢、身体活動、健康』(2005・大修館書店) ▽飯島節・鳥羽研二編『老年学テキスト』(2006・南江堂) ▽柴田博・長田久雄・杉澤秀博編『老年学要論――老いを理解する』(2007・建帛社) ▽井口昭久編『これからの老年学――サイエンスから介護まで』第2版(2008・名古屋大学出版会) ▽古谷野亘・安藤孝敏編著『改訂・新社会老年学――シニアライフのゆくえ』第2版(2008・ワールドプランニング)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

老年学の関連キーワードInterdisciplinary Major国立長寿医療研究センター日本ケアマネジメント学会日本老年社会科学会日本老年精神医学会日本老年歯科医学会国際長寿センター日本老年看護学会日本基礎老化学会日本老年学会後期高齢者桜美林大学発達心理学岡村 重夫超高齢者准高齢者渡辺 定超高齢期准高齢期橘 覚勝

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

老年学の関連情報