コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後楽園焼 コウラクエンヤキ

デジタル大辞泉の解説

こうらくえん‐やき〔コウラクヱン‐〕【後楽園焼】

水戸徳川家御庭焼き。宝暦年間(1751~1764)に後楽園で創始。初めは楽焼き、のち交趾(こうち)写しを焼いた。
岡山藩の御庭焼き。正徳年間(1711~1716)に後楽園創始。俗に色絵備前などとよばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうらくえんやき【後楽園焼】

宝暦年間(1751~1764)、後楽園で創始された、水戸徳川家の御庭焼。高台に「後楽園製」または「後楽」の円印を押す。
岡山藩主池田綱政が、後楽園で創始した御庭焼。正徳(1711~1716)頃から色絵備前などを焼いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

後楽園焼の関連キーワード吉右衛門(2)御庭焼

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android