後楽園(読み)こうらくえん

大辞林 第三版の解説

こうらくえん【後楽園】

東京都文京区にある、旧水戸藩江戸上屋敷の回遊式庭園。1629年、藩祖徳川頼房が起工したが、明暦の大火で全焼。のち徳川光圀みつくにが1669年頃完成。付近に屋根付きのスタジアムや遊園地などがある。小石川後楽園。
岡山市にある池泉回遊式庭園。藩主池田綱政により、1700年完成。初め御後園、菜園場と称したが、明治初年改称。水戸の偕楽園、金沢の兼六園とともに日本三名園の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうらく‐えん〔‐ヱン〕【後楽園】

東京都文京区にある池泉回遊式庭園。寛永6年(1629)水戸藩主徳川頼房起工したが、焼失。その子、光圀(みつくに)が明朝の臣朱舜水(しゅしゅんすい)の意見を取り入れて寛文9年(1669)ころに完成。現在その一部が残り、付近にドーム球場・遊園地などがある。小石川後楽園
岡山市にある池泉回遊式庭園。藩主池田綱政により、元禄13年(1700)ころに完成。金沢の兼六園、水戸の偕楽園(かいらくえん)とともに日本三名園の一。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうらくえん【後楽園】

後楽園と通称されるものには,東京都文京区後楽にある小石川後楽園と岡山市後楽園にある岡山後楽園の二つがあり,ともに江戸時代の典型的な大名の回遊式庭園である。その名称はともに中国宋代の范文正《岳陽楼記》の〈士当先天下之憂而憂 後天下之楽而楽〉からつけられた。
[小石川後楽園]
 水戸藩初代の徳川頼房が徳川家光から江戸中屋敷として与えられた地に1629年(寛永6)築造を始めた。2代光圀(みつくに)もこれを継承し,中国明の遺臣朱舜水の意見を用いて中国趣味を付け加え,市民にも観覧を許可した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後楽園
こうらくえん

岡山県南部,岡山市にある庭園。岡山藩の藩主池田綱政が家臣津田永忠を工事奉行として築造した大名庭園の代表例。元禄13(1700)年完成。初め茶屋屋敷,後園と称し明治4(1871)年に今日の名となった。旭川左岸岡山城操山,芥子山(けしごやま)を背景とする壮大な池泉回遊式庭園(→回遊式庭園)で,面積 13万3000m2。特に全園の 5分の1の面積を野芝による芝生にしており,これは日本で最初の試みといえる。茨城県水戸市の偕楽園石川県金沢市兼六園とともに,日本三名園の一つとされる。国指定特別名勝。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうらく‐えん ‥ヱン【後楽園】

[一] 東京都文京区にある旧水戸藩江戸中屋敷の庭園。回遊式庭園。寛永六年(一六二九)藩主頼房が起工。いったん完成したが明暦の大火で全焼。のち光圀(みつくに)が本格的に工を起こし、明朝の遺臣朱舜水の意見を取り入れて、寛文九年(一六六九)ごろに完成。小石川後楽園。
[二] 岡山市にある庭園。遠州流の池泉回遊式庭園。貞享三年(一六八六)藩主池田綱政がつくらせたもので、元祿一三年(一七〇〇)完成。はじめ後園(御後園)と称した。明治四年(一八七一)現名に改称。偕楽園、兼六園とともに日本三名園の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の後楽園の言及

【庭園】より

…このために大名たちは江戸と領国の両方に庭園をもつ邸宅を構えた。江戸につくられた庭園の中で有名な後楽園について説明しよう(図6)。この庭園は徳川光圀が明の朱舜水を招いて設計に参加させたといわれるだけあって,中国的,儒教的な趣好が濃厚である。…

※「後楽園」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後楽園の関連情報