後窯(読み)ノチガマ

大辞林 第三版の解説

のちがま【後窯】

四代藤四郎以後の瀬戸焼の茶入れの称。桃山時代から江戸初期の作。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あと‐がま【後窯】

〘名〙
① 陶磁器を本窯(ほんがま)で焼いた後、さらに錦窯(にしきがま)で絵模様を焼き付けすること。釉上彩色着画のこと。
② 茶人の間でいわれていた茶入れの窯分けの名。千利休古田織部小堀遠州にわたる時代に、瀬戸または京都で作られた瀬戸風の茶入れ、すなわち京瀬戸をさす。

のち‐がま【後窯】

〘名〙 茶道で、四代藤四郎以後一三代新右衛門までに作られた瀬戸焼茶入のこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android