コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後花園院御消息 ごはなぞのいんごしょうそく

世界大百科事典 第2版の解説

ごはなぞのいんごしょうそく【後花園院御消息】

後花園天皇が皇子成仁親王(後土御門天皇)に贈った教訓の仮名状。1巻。天皇自筆の草案と思われる高倉家旧蔵の《御教訓状》には,末尾に寛正3年(1462)10月の年記があり,時に天皇は譲位2年前の44歳,親王は21歳。内容は,坐作進退を慎むべきこと,言語は音声を穏やかにすべきこと,学問を本とし,公事,詩歌,管弦,書法をも兼修すべきこと,小鳥の愛玩にふけるべからざることなど,皇子にそそぐこまやかな心情を推察することができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

後花園院御消息の関連キーワード後花園天皇