コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後花園院御消息 ごはなぞのいんごしょうそく

1件 の用語解説(後花園院御消息の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ごはなぞのいんごしょうそく【後花園院御消息】

後花園天皇が皇子成仁親王(後土御門天皇)に贈った教訓の仮名状。1巻。天皇自筆の草案と思われる高倉家旧蔵の《御教訓状》には,末尾に寛正3年(1462)10月の年記があり,時に天皇は譲位2年前の44歳,親王は21歳。内容は,坐作進退を慎むべきこと,言語は音声を穏やかにすべきこと,学問を本とし,公事,詩歌,管弦,書法をも兼修すべきこと,小鳥の愛玩にふけるべからざることなど,皇子にそそぐこまやかな心情を推察することができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

後花園院御消息の関連キーワード道應法親王後土御門天皇勾当内侍後崇光太上天皇後土御門天皇寛正土御門内裏嘉楽門院三条冬子敷政門院源朝子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone