一幅(読み)イップク

大辞林 第三版の解説

いっぷく【一幅】

書画などの掛物一つ。 「 -の絵になる景色」 「 -寒山拾得の遺容の如し/日光山の奥 花袋

ひとの【一幅】

並幅の布の幅。30~36センチメートル。 →

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いっ‐ぷく【一幅】

〘名〙 書画などの掛け軸の一つ。また、一つの画題、場面。
※御堂関白記‐長和元年(1012)九月二一日「入唐寂照消息書、并所送天竺観音一」 〔陸游‐乍晴風日已和泛舟詩〕

ひと‐の【一幅】

〘名〙 (「の」は布帛類の幅(はば)を表わす単位) 現在、普通には鯨尺八寸(約三〇センチメートル)ないし一尺(約三八センチメートル)のはばをいう。
※書紀(720)持統四年四月(北野本訓)「一畐(ヒトノ)の一部(ひとつほ)の綾の羅(うすはた)等」

ひと‐はば【一幅】

〘名〙 織物の幅。織によって異なるが、和裁では並幅(鯨尺で九寸五分)、広幅(同一尺九寸)があり、また、錦は二尺五寸、金襴二尺四寸など。〔いろは字(1559)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一幅の関連情報