コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徐向前 じょこうぜん Xu Xiang-qian

2件 の用語解説(徐向前の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徐向前
じょこうぜん
Xu Xiang-qian

[生]光緒27(1901).11.8. 山西,五台
[没]1990.9.21. 北京
中国の軍人。太原師範学校黄埔軍官学校卒業。 1925年北伐に参加,27年中国共産党に入党したのち広東コミューンに加わり,長征では紅軍を率いて四川,甘粛に転戦した。 45年党第7期中央委員。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徐向前
じょこうぜん / シュイシヤンチエン
(1900/1901―1990)

中国の軍人。山西(さんせい/シャンシー)省五台(ごだい/ウータイ)県出身。太原(たいげん)師範卒業。1924年黄埔(こうほ)軍官学校卒業。1926年中国共産党に入党した。1927年武昌(ぶしょう)軍事学校教官となり、八・一南昌蜂起(なんしょうほうき)に参加。1929年大別山地区で紅一一軍三一師団長。1931年紅軍第四方面軍総指揮。1932年四川(しせん/スーチョワン)北部に移動。1935年張国(ちょうこくとう/チャンクオタオ)に従い南下、1936年甘粛(かんしゅく/カンスー)省で苦戦、1937年延安(えんあん/イエンアン)に入る。八路軍一二九副師団長(師団長、劉伯承(りゅうはくしょう/リウポーチョン))として河北(かほく/ホーペイ)、山東(さんとう/シャントン)両省で抗日戦を指導。1945年党中央委員。1948年太原前線司令。1949年参謀総長。1954年国防委員会副主席。1955年元帥。1966年党政治局員。1967年軍文革小組長となるが、林彪(りんぴょう/リンピァオ)派に退けられ黄永勝(こうえいしょう/ホワンヨンション)と交代。1969年ただの党中央委員に降格。1975年人民代表大会常務副委員長。1977年党常務政治局員。1978年副首相、国防相。1982年党政治局員。1983年党軍事委員会副主席。1985年9月の若返り人事で政治局から引退した。[高市恵之助・渋谷 司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徐向前の関連キーワード唐熊江標王芸生光緒帝松前昌広山際靖劉明電《光緒朝東華続録》《光緒会典》光緒元宝

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone