徒者(読み)かちもの

精選版 日本国語大辞典「徒者」の解説

かち‐もの【徒者】

〘名〙
① 鎌倉・室町時代に、徒歩で行列の先導をつとめる小身の武士。徒侍。
※増鏡(1368‐76頃)一六「よろしき女房も壺装束などして、かち物どももうちまじれり」
② 馬に乗らないで、徒歩で戦う下級武士。徒武者。
※甲陽軍鑑(17C初)品三七「歩者(カチモノ)までに、其理究を合点させ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android