徒者(読み)かちもの

精選版 日本国語大辞典「徒者」の解説

かち‐もの【徒者】

〘名〙
① 鎌倉・室町時代に、徒歩で行列先導をつとめる小身の武士徒侍
※増鏡(1368‐76頃)一六「よろしき女房壺装束などして、かち物どももうちまじれり」
② 馬に乗らないで、徒歩で戦う下級武士。徒武者
甲陽軍鑑(17C初)品三七「歩者(カチモノ)までに、其理究を合点させ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android