コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壺装束 つぼしょうぞく

6件 の用語解説(壺装束の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

壺装束
つぼしょうぞく

つぼそうぞくともいう。平安時代の女性の外出や,旅に出る場合の姿とその着装をいう。 (きぬ) や小袖を着た上から,別の衣や小袖を頭上にかぶって顔をあらわにせず,裾を引上げて腰のあたりに紐で結んだ装いである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つぼ‐しょうぞく〔‐シヤウゾク〕【×壺装束】

つぼそうぞく

つぼ‐そうぞく〔‐サウゾク〕【×壺装束】

平安時代から鎌倉時代にかけて、上・中流の女子が徒歩で外出または旅行する際の服装。小袖・単(ひとえ)・袿(うちき)などを着重ね、歩行しやすいように裾(すそ)を引き上げて身丈(みたけ)に合わせ、ふところを腰帯で結んで、余りを腰に折り下げたもの。市女笠(いちめがさ)をかぶることもある。腰の部分が広く、裾がつぼんでいる形からいう。つぼしょうぞく。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

壺装束【つぼしょうぞく】

平安時代以後の女性の外出・旅行姿。衣服を腰でつぼ折り(つぼめてはしょった形)にして歩きやすくしたもの。市女笠(いちめがさ)をかぶり,時には頭から衣をかぶって衣被(きぬかずき)(被衣(かずき))にすることもあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

つぼしょうぞく【壺装束】

平安時代以後に行われた中流以上の女性の外出ないし旅行姿。特別な衣服形態があったわけではなく,裾の長い衣服を歩きやすくするために,腰で〈つぼ折り〉(つぼめてはしょった形)にして着用した姿をいう。元来が旅行,物詣(ものもうで),外出などの私的な軽装であるため,とくにやかましいきまりはなかった。ふだんの外出などには,たとえば小袖を着て前をつまどって帯にはさみ,長い髪は小袖の中に着込めて,草履を履き,市女笠(いちめがさ)をかぶるか,そのかわりに頭から衣をかつぎにする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

壺装束
つぼしょうぞく

平安時代から鎌倉時代にかけての公家(くげ)や武家女子の外出姿。広袖(ひろそで)形式で身丈が長い袿(うちき)の裾(すそ)を引き上げて着る姿が壺のような形にみえるため、このように名づけられたのであろう。この上に被衣(かづき)を着たり、市女笠(いちめがさ)をかぶることもある。市女笠の縁に(むし)の垂絹(たれぎぬ)といって、薄い麻布を巡らせて垂らしたものも使われた。壺装束のとき、普通、袴(はかま)は履かないが、乗馬の際は指貫(さしぬき)か狩袴(かりばかま)を履いた。履き物は緒太(おぶと)という草履(ぞうり)か、草鞋(わらじ)を履き、乗馬には深沓(ふかぐつ)の一種の半靴(ほうか)を履いた。絵巻物の『粉河寺(こかわでら)縁起』『春日権現(かすがごんげん)霊験記』などに壺装束が描かれている。[高田倭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の壺装束の言及

【漂泊民】より

…鹿の皮衣をまとい,鹿杖(かせづえ)をつく浮浪人や芸能民,聖,蓑笠をつけ,あるいは柿色の帷を着る山伏や非人,覆面をする非人や商人,さらに縄文時代以来の衣といわれる編衣(あみぎぬ)を身につけた遊行僧の姿は,みな漂泊民の特徴的な衣装であった。また日本においては女性の商人・芸能民・旅人も多かったが,この場合も,壺装束という深い市女笠(いちめがさ)をかぶり,襷(たすき)をかけた巫女の服装に共通した姿をしたり,桂女(かつらめ)のような特有の被り物(かぶりもの)をするのがふつうであった。11世紀以後,男女を問わず,天皇家の供御人(くごにん)や大寺社の神人(じにん)・寄人(よりうど)となり,自由通行権を保証され,遍歴・交易に従事する職能民が多くなったが,この人々は神人の黄衣のような特有の服装を身につけ,また過所(かしよ),短冊,札などを所持したのである。…

※「壺装束」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

壺装束の関連キーワード市女笠色直し鉄漿始め唐衣功銭後家島田茶瓶前髪中務卿淵酔母屋の大饗

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

壺装束の関連情報