従良(読み)ジュウリョウ

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐りょう〔‐リヤウ〕【従良】

上代、賤民を解放し、良民とすること。
芸者娼妓(しょうぎ)などが請け出されて、人の妻になること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうりょう【従良】

古代、奴婢ぬひなどを解放し、良民とすること。
芸妓・娼妓などが身請けされること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅう‐りょう ‥リャウ【従良】

〘名〙
① 主に奈良時代、奴婢など賤民を解放して、良民(りょうみん)とすること。
※東南院文書‐天平勝宝二年(750)二月二六日・太政官符案「上件奴婢等、施奉金光明寺、其年至六十六已上及癈疾者、准官奴婢、依令施行、雖高年、立性恪勤、駈使無違、衆僧矜情、欲従良者、依願令免」
芸妓、娼婦などが請け出されて、人の妻・妾となること。また、単に請け出されることをもいう。ねびき。
※読本・英草紙(1749)四「『武家の室とならば、生立ある儞(きみ)を恥しむるなり。〈略〉』といひて、従良(ジウリャウ)のことはとりあはず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android