従軍記章(読み)じゅうぐんきしょう(英語表記)campaign medal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

従軍記章
じゅうぐんきしょう
campaign medal

戦功に関係なしに,戦争に従軍したことで与えられる記章。アメリカでは,南北戦争から始った。他の例では 1950年に国際連合 (国連) が制定し,国連軍に加わって朝鮮戦争を戦った 17ヵ国の将兵に授けた「国連功労章」がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅうぐんきしょう【従軍記章】

戦地から帰還した軍人・軍属に与えられた記章。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅうぐん‐きしょう ‥キシャウ【従軍記章】

〘名〙 旧軍隊で、地位の上下の区別なく、従軍した軍人、軍属のすべてに与えられた記章。
※太政官布告第五四号‐明治八年(1875)四月一〇日「従軍記章は将卒の別なく軍功の有無を論ぜず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android