コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

得て エテ

2件 の用語解説(得ての意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

え‐て【得て】

[副]
得てして」に同じ。
「そう云う恩知らずは、―哲学者にあるもんだ」〈漱石虞美人草
得意として。
「―相撲を取りまする」〈虎明狂・鼻取相撲〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えて【得て】

( 副 )
〔動詞「う(得)」の連用形に助詞「て」の付いたもの〕
ある傾向になりがちであることを表す語。とかく。よく。えてして。 「人情は-其様なものだ/思出の記 蘆花
(あとに打ち消しの語を伴って)不可能だ、とても…できない、の意を表す。副詞「」に同じ。 「時代小説の目的をば-遂ること能はざるなり/小説神髄 逍遥

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

得ての関連情報