コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

う【得】

[動ア下二]え(得)る」の文語形

え【得/能】

[副]《動詞「う(得)」の連用形から》
(下に打消しの語または反語を伴って)不可能の意を表す。…できない。うまく…できない。
「若者は挨拶の言葉も―言わないような人で」〈有島・溺れかけた兄弟〉
「数ならぬ身は、―聞き候はず」〈徒然・一〇七〉
可能の意を表す。…できる。うまく…できる。
「面忘れだにも―為(す)やと手(た)握りて打てども懲りず恋といふ奴(やっこ)」〈・二五七四〉

とく【得】

[名・形動]
(「徳」とも書く)利益を得ること。もうけること。有利であること。また、そのさま。「一文のにもならない」「な性分」⇔
成就すること。成功すること。
「つつしめるは―の本なり」〈徒然・一八七〉
仏語浄土に往生し、涅槃(ねはん)の証果を得ること。

とく【得】[漢字項目]

[音]トク(呉)(漢) [訓]える うる
学習漢字]4年
〈トク〉
手に入れる。「得点得票獲得既得取得拾得所得生得
もうける。もうけ。「得策得分損得役得余得欲得利得
心にかなう。わかる。「得意得心得得会得感得自得説得体得納得(なっとく)
〈え〉「得体(えたい)得手(えて)
[名のり]あり・なり・のり・やす

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

う【得】

( 動下二 )
下一段活用の動詞「える(得)」の文語形。
(「…する(こと)をう」の形で)…することができる、…することが許されるという意を表す。文語調のごくかたい表現として用いられる。 「改悛の情あるときは…出獄を許すことを」 「許可なき者は入室するをず」 → える(得)うる(得)

とく【得】

( 名 )
利益を得ること。もうけること。また、その利益。もうけ。 ⇔ 「損して-とれ」 「何の-にもならない」
手に入れること。得ること。 ⇔ 「自他のために失多く-少なし/徒然 164
〘仏〙 真宗で、浄土に往生し、涅槃に入ること。
( 形動 ) [文] ナリ 
有利である・こと(さま)。 ⇔ 「そっちを買うほうが-だ」 「百円お-な商品です」 「憎めない-な性格」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

得の関連キーワード電子計算機使用詐欺罪ストリップドオイルマネーロンダリングハイブリッドライスフラジオマイシン竜の雲を得る如しインカムゲインラウンドスコア御目見得稼ぎ御目見得奉公塩化白金酸損失回避性設備利用率経験的概念石油ピッチ塩化クロム意を得る国民所得修因感果金森長興

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

得の関連情報