コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

得能淡雲 とくのう たんうん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

得能淡雲 とくのう-たんうん

1835-1862 幕末の武士。
天保(てんぽう)6年3月29日生まれ。伊予(いよ)(愛媛県)大洲(おおず)藩士。江戸で藤森弘庵朱子学をまなぶ。安政のはじめから雲水姿で諸国をめぐり,尊攘(そんじょう)をとなえる。坂下門外の変の関係者として幕府に捕らえられ,文久2年8月7日江戸伝馬町の牢で病死。28歳。本姓は人見。通称は極馬。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

得能淡雲の関連キーワード黒住教バルザックポー(Edgar Allan Poe)ウェーラー三月革命(ドイツ)リスト(Liszt Ferenc (Franz Liszt)、ピアニスト、作曲家)サイゴン条約フランツシャノアーヌズーフ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android