得能淡雲(読み)とくのう たんうん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

得能淡雲 とくのう-たんうん

1835-1862 幕末の武士。
天保(てんぽう)6年3月29日生まれ。伊予(いよ)(愛媛県)大洲(おおず)藩士。江戸で藤森弘庵朱子学をまなぶ。安政のはじめから雲水姿で諸国をめぐり,尊攘(そんじょう)をとなえる。坂下門外の変の関係者として幕府に捕らえられ,文久2年8月7日江戸伝馬町の牢で病死。28歳。本姓は人見。通称は極馬。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android