御内室(読み)ごないしつ

精選版 日本国語大辞典「御内室」の解説

ご‐ないしつ【御内室】

〘名〙 (「ご」は接頭語) 貴人の妻に対する尊敬語。転じて、他人の妻または町人の妻を敬っていう語。御内証御内儀御内
浄瑠璃・仮名手本忠臣蔵(1748)一「女好の師直其儘声かけ、塩冶殿の御内室(ナイシツ)かほよ殿」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android