御内室(読み)ごないしつ

精選版 日本国語大辞典 「御内室」の意味・読み・例文・類語

ご‐ないしつ【御内室】

〘名〙 (「ご」は接頭語) 貴人の妻に対する尊敬語。転じて、他人の妻または町人の妻を敬っていう語。御内証御内儀御内
浄瑠璃仮名手本忠臣蔵(1748)一「女好の師直其儘声かけ、塩冶殿の御内室(ナイシツ)かほよ殿」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「御内室」の意味・読み・例文・類語

ご‐ないしつ【御内室】

御内儀」に同じ。
「や、お前は、おお、大番頭の―ぢゃな」〈伎・浮名横櫛

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android