コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御内/御家 オウチ

5件 の用語解説(御内/御家の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

お‐うち【御内/家】

他人の家や家庭の敬称。お宅。「あすは―にいらっしゃいますか」
自分の家の丁寧な言い方。「暗くなったので、ぼくも―に帰りましょうね」

おん‐うち【御内】

手紙の脇付(わきづけ)の一。相手の妻、または家族全体にあてる場合に用いる。

み‐うち【御内】

[名]
貴人の邸内。貴人の屋敷の内部。
「侍ども、―に夜、討ちいったり、とて」〈平家・一二〉
殿様。主君。主人。
「―只今機嫌悪しく候と申しければ」〈義経記・七〉
将軍の旗下に属する武士。
「御曹司(おんざうし)の―にわれと思はん侍ども」〈保元・中〉
譜代(ふだい)の武士。
「―、外様(とざま)の勢四千余騎と注せり」〈太平記・三七〉
家臣。家来。
「―に召し抱へられし野夫(やぶ)医者のありけるが」〈仮・浮世物語・四〉
[代]二人称の人代名詞。軽い敬意をもって相手をいう語。あなた。
「花を散らしつるは―でわたり候ふか」〈謡・雲林院

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おんうち【御内】

手紙のあて名のかたわらに添える語。相手の妻や相手の一家にあてて出す場合に用いる。

みうち【御内】

( 名 )
貴人。また、主人。 「 -只今機嫌あしく候/義経記 7
貴人、または主君の邸内。 「其の後侍共-に夜討いたりとて/平家 12
将軍の指揮下に属する武士。 「御曹司の-にわれとおもはん侍ども/保元
代々その主君に仕える家臣。 ↔ 外様 「両六波羅を始めとして-外様の諸軍勢に至るまで/太平記 6
家臣。家来。 「信濃国の住人麻生殿の-なる藤六と下六が/狂言・烏帽子麻生 天正本
( 代 )
二人称。軽い敬意をもって相手をさす語。 「 -のおやは包丁人/狂言・鱸庖丁」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の御内/御家の言及

【得宗】より

…このときの時頼の権力の根拠は執権職にはなく,得宗という地位にあったものと考えられ,したがってこの時期に得宗専制が成立したと見ることもできる。 得宗家の権力伸張に伴って,その所領は得宗領または御内御領,御内所領と呼ばれて一般所領と区別され,一定の権威を持つようになった。得宗領在地は,初期には一般御家人が代官として支配することもあったが,やがて在地の豪族が代官に起用されることが多くなった。…

※「御内/御家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

御内/御家の関連キーワード貴人畳御座の間出駕邸内姫君罷り屋形町屋敷構え釜殿御垣が原

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone