コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御内/御家 オウチ

デジタル大辞泉の解説

お‐うち【御内/家】

他人の家や家庭の敬称。お宅。「あすは―にいらっしゃいますか」
自分の家の丁寧な言い方。「暗くなったので、ぼくも―に帰りましょうね」

おん‐うち【御内】

手紙の脇付(わきづけ)の一。相手の妻、または家族全体にあてる場合に用いる。

み‐うち【御内】

[名]
貴人の邸内。貴人の屋敷の内部。
「侍ども、―に夜、討ちいったり、とて」〈平家・一二〉
殿様。主君。主人。
「―只今機嫌悪しく候と申しければ」〈義経記・七〉
将軍の旗下に属する武士。
「御曹司(おんざうし)の―にわれと思はん侍ども」〈保元・中〉
譜代(ふだい)の武士。
「―、外様(とざま)の勢四千余騎と注せり」〈太平記・三七〉
家臣。家来。
「―に召し抱へられし野夫(やぶ)医者のありけるが」〈仮・浮世物語・四〉
[代]二人称の人代名詞。軽い敬意をもって相手をいう語。あなた。
「花を散らしつるは―でわたり候ふか」〈謡・雲林院

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おんうち【御内】

手紙のあて名のかたわらに添える語。相手の妻や相手の一家にあてて出す場合に用いる。

みうち【御内】

( 名 )
貴人。また、主人。 「 -只今機嫌あしく候/義経記 7
貴人、または主君の邸内。 「其の後侍共-に夜討いたりとて/平家 12
将軍の指揮下に属する武士。 「御曹司の-にわれとおもはん侍ども/保元
代々その主君に仕える家臣。 ↔ 外様 「両六波羅を始めとして-外様の諸軍勢に至るまで/太平記 6
家臣。家来。 「信濃国の住人麻生殿の-なる藤六と下六が/狂言・烏帽子麻生 天正本
( 代 )
二人称。軽い敬意をもって相手をさす語。 「 -のおやは包丁人/狂言・鱸庖丁」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の御内/御家の言及

【得宗】より

…このときの時頼の権力の根拠は執権職にはなく,得宗という地位にあったものと考えられ,したがってこの時期に得宗専制が成立したと見ることもできる。 得宗家の権力伸張に伴って,その所領は得宗領または御内御領,御内所領と呼ばれて一般所領と区別され,一定の権威を持つようになった。得宗領在地は,初期には一般御家人が代官として支配することもあったが,やがて在地の豪族が代官に起用されることが多くなった。…

※「御内/御家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

御内/御家の関連キーワード預状(あずけじょう)中野半左衛門平禅門の乱御判御教書弘安合戦諏訪真性北条泰時岩門合戦長崎高綱浮世物語坂田鉄安老中奉書北条貞時飯沼助宗長崎高資伊勢貞宗武藤景泰大森氏惑ひ者寄合衆

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android