コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御前山県立自然公園 ごぜんやまけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御前山県立自然公園
ごぜんやまけんりつしぜんこうえん

茨城県中部,常陸大宮市城里町にまたがる自然公園。面積 73.80km2。 1954年指定。御前山 (別称常陸嵐山。 275m) を中心とした山地と那珂川の清流からなる地域。御前山は江戸時代から留山として森林伐採が禁止され,現在でもアカマツ,スギ,モミがうっそうと茂る。カエデの種類も多く新緑,紅葉の季節は特に美しい。山菜,キノコ狩りの好適地。御前山付近の那珂川はアユの好漁場として知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

御前山県立自然公園の関連キーワード御前山(旧村名)常陸大宮(市)御前山(山)御前山[村]桂[村]七会

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android