コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御前山 ごぜんやま

1件 の用語解説(御前山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御前山
ごぜんやま

茨城県北西部,常陸大宮市南西部の旧村域。那珂川中流域に位置し,西は栃木県に接する。 1955年伊勢畑村と野口村が合体して御前山村が成立。 1956年長倉村と合体。 2004年山方町,美和村,緒川村とともに大宮町に編入され,名称変更および市制施行により常陸大宮市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御前山の関連キーワード茨城県常陸大宮市泉茨城県常陸大宮市小貫茨城県常陸大宮市小野茨城県常陸大宮市金井茨城県常陸大宮市高部茨城県常陸大宮市中居茨城県常陸大宮市野田茨城県常陸大宮市舟生茨城県常陸大宮市南町茨城県常陸大宮市山方

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

御前山の関連情報