御前山(読み)ごぜんやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御前山
ごぜんやま

茨城県北西部,常陸大宮市南西部の旧村域。那珂川中流域に位置し,西は栃木県に接する。 1955年伊勢畑村と野口村が合体して御前山村が成立。 1956年長倉村と合体。 2004年山方町,美和村,緒川村とともに大宮町に編入され,名称変更および市制施行により常陸大宮市となった。景勝地御前山は新緑,紅葉の美で知られ,常陸嵐山とも呼ばれる。相川温泉があり,御前山県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御前山の関連情報