コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御取越 オトリコシ

デジタル大辞泉の解説

お‐とりこし【御取越】

浄土真宗の門徒が、親鸞の忌日である11月28日に行われる親鸞忌を繰り上げ、陰暦10月に各自の家で行う報恩講 冬》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おとりこし【御取越】

浄土真宗の末寺や信徒が、親鸞しんらんの命日(陰暦11月28日)に本山で行われる報恩講と重ならないように、一月繰り上げて陰暦10月に行う報恩講。報恩講引上会いんじようえ[季] 冬。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

御取越の関連キーワード

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android