コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御回向料 ごえこうりょう

1件 の用語解説(御回向料の意味・用語解説を検索)

献辞辞典の解説

御回向料

回向を頂いたことに代えてという意味合いがあり、 仏教での通夜・葬儀告別式・法要時において、回向を頂いた寺院や僧侶に対して贈る謝礼の表 書きの献辞(上書き)に用いられます。「回向」とは、故人の成仏を祈って供養をすることを言いますが、浄土真宗(本願寺派・大谷派など)では教義の違いにより用いられません。

出典|(株)ササガワ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御回向料の関連キーワードスタティック御布施欠点御祝儀茶巾意味合粗供養バルトーク:3つのブルレスカ/piano soloサンデーパンチ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone