御土産(読み)オミヤゲ

精選版 日本国語大辞典の解説

お‐みや【御土産】

〘名〙 (「お」は接頭語。もと女房詞)
① 「おみやげ(御土産)①」の女性・幼児語
※御湯殿上日記‐文祿四年(1595)八月九日「とんけゐんとのなる、御みやかちんまいる」
※雑俳・柳多留‐四三(1808)「忠盛はおみやを添へて拝領し」

お‐みやげ【御土産】

〘名〙 (「お」は接頭語)
① 「みやげ(土産)」をいう尊敬・丁寧語。
※黄表紙・即席耳学問(1790)序「御みやげに持(もち)よひさし合(あひ)きん物(もつ)のないところを」
② 迷惑をこうむるようなもらい物の意の「みやげ」に「お」を付けてひやかし半分にいったもの。おみや。
(イ) 結婚する時に、すでに他人の子を宿していること。また、その子ども。御持参(ごじさん)
※雑俳・口よせ草(1736)「御みやげはときは御前に手を引かれ」
(ロ) よそで性病に感染してくること。また、その病気。
(ハ) 子どもどうしで、別れ際にふざけて相手の背中などをぶって言うことば。
※童謡・おみやげ三つ(1931)〈西条八十〉「おみやげ三つに 凧三つ〈略〉背なかをたたいて ポンポンポン」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android