コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西条八十 さいじょう やそ

美術人名辞典の解説

西条八十

詩人。東京生。早大英文科卒業後、堀口大学・日夏耿之介等と「詩人」を創刊、第一詩集『砂金』では、その洗練された幻想的作風で好評を得た。また「赤い鳥」に童謡「かなりあ」を発表、わが国最初の芸術童謡と称された。ソルボンヌ大学留学を経て早大仏文科教授となる。訳詩集『白孔雀』・童謡集『鸚鵡と時計』・抒情小曲集『海辺の墓』等があり、「東京行進曲」など歌謡曲の作詞家としても知られる。昭和45年(1970)歿、78才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さいじょう‐やそ〔サイデウ‐〕【西条八十】

[1892~1970]詩人・フランス文学者。東京の生まれ。大学在学中から「早稲田文学」に作品を掲載。のち、「赤い鳥」に多数の童謡を発表。詩集「砂金」、童謡集「鸚鵡(おうむ)と時計」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

西条八十【さいじょうやそ】

詩人。東京生れ。早大英文卒。1919年最初の詩集《砂金》を刊行,象徴詩人として繊細華麗な詩風をうたわれた。また児童雑誌《赤い鳥》などに多くの童謡を発表,北原白秋と並び称された。
→関連項目丘灯至夫金子みすゞサトウ・ハチロー中山晋平野口雨情

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西条八十 さいじょう-やそ

1892-1970 大正-昭和時代の詩人。
明治25年1月15日生まれ。大正8年第1詩集「砂金」を刊行。のちパリ大に留学。昭和6年母校早大の教授となった。鈴木三重吉の「赤い鳥」にもくわわり,童謡「かなりあ」を発表。「東京行進曲」「東京音頭」など歌謡曲,民謡の作詞でも知られる。芸術院会員。昭和45年8月12日死去。78歳。東京出身。詩集はほかに「一握の玻璃(はり)」,著作に「アルチュール・ランボオ研究」,訳詩集に「白孔雀(くじゃく)」。
格言など】羽織だと想ったのは静かにわたしの躯(み)に積った一つの歳の重みであった(「ある大晦日の夜の記憶」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

江戸・東京人物辞典の解説

西条八十

1892〜1970(明治25年〜昭和45年)【詩人】童謡から流行歌まで、大正・昭和に愛唱された詩を数多く創作。 大正・昭和期の詩人・仏文学者。東京都出身。早大卒。在学中三木露風の「未来」に参加、1912年(大正元)日夏耿之介(こうのすけ)らと高踏的詩誌「聖盃」(のち「仮面」)創刊。また「赤い鳥」に「金糸鳥(かなりや)」「肩たたき」など多くの童謡を発表、北原白秋と並び注目を集めた。19年詩集「砂金」では繊細な叙情詩人として好評を得た。1924年、ソルボンヌ大学に留学、2年後に帰国し早大仏文科教授となる。また、歌謡曲の作詞家として活躍。「お富さん」「愛染桂」「青い山脈」など、手掛けた流行歌は数えきれない。

出典 財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいじょうやそ【西条八十】

1892‐1970(明治25‐昭和45)
詩人。東京牛込生れ。早大英文科卒。1931‐45年早大仏文科教授。早稲田中学当時よりイギリス婦人に英語を学び,また中学の英語教師に吉江喬松がいたため早くから文学に眼を開かされた。早大在学中の1912年,日夏耿之介らと《聖盃》を刊行(のち《仮面》と改題)。三木露風,川路柳虹,柳沢健,堀口大学らとも交遊した。大正詩壇において,日夏,萩原朔太郎,佐藤春夫らとともに,通常〈芸術派〉とよばれる一群を形づくった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さいじょうやそ【西条八十】

1892~1970) 詩人。仏文学者。東京生まれ。早大教授。象徴詩集「砂金」で注目された。童謡詩人としても著名。詩集「蠟人形」、童謡集「鸚鵡と時計」など。歌謡曲作詞でも活躍。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西条八十
さいじょうやそ

[生]1892.1.15. 東京
[没]1970.8.12. 東京
詩人。 1915年早稲田大学英文科卒業。在学中の 13年,日夏耿之介らと同人誌『仮面』を発行,三木露風の『未来』にも参加し,19年処女詩集『砂金』で認められた。メーテルランク風の幻想を繊細優美にうたっている。その後童謡に転じ,『かなりあ』などの『赤い鳥』に発表した作品を『鸚鵡 (おうむ) と時計』にまとめて出版 (1921) 。 24年ソルボンヌ大学に学び,2年後帰国して早稲田大学教授となり,マラルメランボーらの紹介に尽した。また民謡や歌謡曲の作詞家としても活躍した。ほかに詩集『見知らぬ愛人』 (22) ,『美しき喪失』 (29) ,訳詩集『白孔雀』 (20) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西条八十
さいじょうやそ
(1892―1970)

詩人。明治25年1月15日東京に生まれる。早稲田(わせだ)中学時代、イギリスの婦人に直接英語を学ぶ。後の訳詩集『白孔雀(くじゃく)』(1920)は彼女に献じられた。また新任の教師吉江喬松(たかまつ)の強い影響を受ける。1909年(明治42)早稲田大学英文科に入学。谷崎精二、広津和郎(ひろつかずお)らは同級生。家庭の事情により東京帝国大学国文選科にも籍を置くが、15年(大正4)早大卒業。在学中から『早稲田文学』や三木露風(ろふう)、川路柳虹(りゅうこう)らの『未来』にも参加。また12年には日夏耿之介(ひなつこうのすけ)らと『聖盃(せいはい)』(のち『仮面』と改題)を創刊し、マラルメやメーテルリンクら広く海外文芸を紹介し論評した。19年第一詩集『砂金』を自費出版。大正末、2年間ソルボンヌ大学に学び、バレリーたちとも交遊。第二次世界大戦終戦まで母校の仏文科教授を務める。高踏的象徴詩をつくる一方、北原白秋(はくしゅう)と並ぶ大正期の代表的童謡詩人でもあった。また『東京行進曲』など多くの流行歌謡の作詞もした。優れた学匠詩人としての一面は大著『アルチュール・ランボオ研究』(1967)が如実に物語っている。61年(昭和36)芸術院会員。昭和45年8月12日没。[高橋世織]
『『西条八十詩集』(1976・弥生書房) ▽『西条八十童謡集』(1979・弥生書房) ▽西条八十著作目録刊行委員会編『西条八十著作目録・年譜』(1972・中央公論事業出版) ▽西條嫩子(ふたばこ)著『父西条八十』(中公文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の西条八十の言及

【児童文学】より

…代表的な作家には,秋田雨雀,芥川竜之介,有島武郎,宇野浩二,佐藤春夫,豊島与志雄たちがいる。 大正期には児童中心主義の児童観に応ずる童心文学の主張が支配的で,それが典型的に現れたのは北原白秋,西条八十,野口雨情に代表される童謡においてであるが,この近代的詩形が日本の伝承童謡の復興を詩の精神としたことは注目すべきである。童話の分野では,西欧の民話が多く再話の対象になった。…

※「西条八十」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

西条八十の関連キーワード愛媛県西条市小松町新屋敷砂金(西条八十の詩集)愛媛県西条市小松町石鎚愛媛県西条市小松町南川愛媛県西条市洲之内甲愛媛県西条市氷見乙サトウ ハチローポルト・リッシュ小松(愛媛県)神楽坂 はんこ近藤 柏次郎コドモノクニ三井ふたばこ愛媛県西条市トミノの地獄鈴木三重吉三嶋 一声月に吠える西条(市)新納鶴千代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西条八十の関連情報