コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御天気師 オテンキシ

デジタル大辞泉の解説

おてんき‐し【御天気師】

詐欺師の一。偽金などを路上に落としておき、通行人と二人で発見したように見せかけ、配分しようなどと口実を作ってその通行人の金品とすり替えて逃げ去るもの。晴天の日にするところからいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おてんきし【御天気師】

詐欺師の一種。にせ札などを路上に置いておき、通行人とふたりで拾ったように装って、拾った金を預けて信用させておき、言葉巧みにその通行人の持ち金をだまし取って逃げる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御天気師の関連キーワードにせ札詐欺師

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android