コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御宿政友 みしゅく まさとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

御宿政友 みしゅく-まさとも

?-1615 織豊-江戸時代前期の武将。
もと北条氏の家臣結城秀康につかえたが,秀康の子松平忠直の代にはなれる。のち大野治長にまねかれて豊臣秀頼の臣となり,大坂城にはいる。大坂夏の陣で慶長20年5月7日討ち死にした。通称は勘兵衛

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

御宿政友の関連キーワード本阿弥光悦元和人形浄瑠璃本阿弥光悦古唐津石川康勝大野治長大野治房片桐且元木村重成

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android