御店(読み)おたな

精選版 日本国語大辞典「御店」の解説

お‐たな【御店】

〘名〙 (「お」は接頭語)
奉公人、または出入り職人などが、その商家を敬っていう語。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「お(タナ)のお方々へおっしゃりおかれまして下さりますやうに」
② 相手の所有または差配する借家をさしていう語。
※黄表紙・孔子縞于時藍染(1789)上「おまへはお家主様でござりますか。べつの事でもござりませぬが、おたなの孫介どのに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「御店」の解説

お‐たな【店】

商家の奉公人や出入りの商人・職人などが、その商家をよぶ語。
相手の所有または管理する借家をいう語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android