御法度

デジタル大辞泉プラス「御法度」の解説

御法度

1999年公開の日本映画。監督脚本大島渚原作司馬遼太郎、撮影監督:栗田豊通。出演:ビートたけし松田龍平、武田真治、浅野忠信、的場浩司、トミーズ雅、伊武雅刀ほか。新選組の局中法度であった男色がテーマ。第42回ブルーリボン賞作品賞、監督賞、新人賞(松田龍平)、助演男優賞(武田真治)、第55回毎日映画コンクール日本映画優秀賞、男優主演賞(浅野忠信)ほか受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典「御法度」の解説

ご‐はっと【御法度】

〘名〙 (「ご」は接頭) 「法度」を敬っていう語。また比喩的に、それをするとさしさわりがあるようなことがらについてもいう。御禁制。
※本能寺前町文書‐文祿三年(1594)七月一五日・京本能寺前町掟「其上は御法度之儀に候間、御奉行へ可申上事」
※虎明本狂言・鍋八撥(室町末‐近世初)「満足したれ共、左様の儀は御法度で有」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android