コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御猟場 ゴリョウバ

3件 の用語解説(御猟場の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ご‐りょうば〔‐レフば〕【御猟場】

皇室専用の狩猟場。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ごりょうば【御猟場】

皇室の狩猟場。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御猟場
ごりょうば

宮内庁が経営管理する狩猟場。正式名は宮内庁猟場で、所管部局は式部職。ヨーロッパ諸国の王室では、外国使臣の接待や、貴顕高官の慰労のために狩猟に招待する風習があったので、わが国でも諸外国と政治、経済、文化の交流が盛んになった1882年(明治15)以来、キジ、カモ、ノウサギ、シカ、イノシシなどの御猟場が各所につくられた。キジ猟場としては習志野(ならしの)(千葉県)、蓮光寺(れんこうじ)(東京都)、カモ猟場としては江戸川筋御猟場(埼玉県)、シカ猟場としては日光(栃木県)、イノシシ・シカ猟場としては天城(あまぎ)(静岡県)、雲ヶ畑(くもがはた)(京都市)など著名な御猟場があったが、大正末年に、皇室の経費節減の主旨で次々に廃止されて農林省の国営猟区に併合された。現在は新浜(しんはま)(千葉県市川市)と越谷(こしがや)(埼玉県)の2か所にカモ猟場があるだけである。[白井邦彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御猟場の関連キーワード鹿久居島禁猟区御留場禁野皇室経済法猟場テルビューレン公園プラーター公園ツキノワグマの狩猟禁止わな猟免許

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

御猟場の関連情報