コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御祈禱所 ごきとうしょ

世界大百科事典 第2版の解説

ごきとうしょ【御祈禱所】

将軍や大名や天皇公家がそれぞれ祈禱を命じる指定寺院。中世・近世に諸国に存在し,密教系と禅宗名刹が多い。平安時代にはじまる天皇や公家の御祈願所(寺)に対して,御祈禱所は〈鎌倉殿御祈禱所〉〈将軍家御祈禱所〉の名称で鎌倉初期から武家の祈禱指定寺院として,はじめて史上に現れる。しかし,すでに鎌倉期から両者の呼称は混同され,同じ寺院が両様の呼称で呼ばれるようになり,将軍だけでなく諸大名の御祈禱所寺院も現れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

御祈禱所の関連キーワード度会[町]

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android