御読経(読み)みどきょう

精選版 日本国語大辞典の解説

み‐どきょう ‥ドキャウ【御読経】

〘名〙 (「み」は接頭語)
① ある人を敬って、その人のためにする読経を尊んでいう語。
※古本説話集(1130頃か)六五「さまざまの御いのりども、御修法・御ど経など」
② (「季の御読経」の) 春秋の二、大般若経を衆僧に講読させる宮中の儀式。
※枕(10C終)八四「あす、みど経の結願にて、宰相の中将、御物忌にこもり給へり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報