季の御読経(読み)キノミドキョウ

精選版 日本国語大辞典の解説

き【季】 の 御読経(みどきょう)

春秋の二季、宮中で、大般若経を衆僧に講読させる儀式。二月、四月、八月、十月の四季に行なわれた例もあるが、ほぼ二月と八月に三日ないし四日、吉日をえらび、紫宸殿、大極殿などで行なわれた。御読経。《季・春》
※枕(10C終)一五六「きの御ど経の威儀師。赤袈裟(あかげさ)着て僧の名どもよみあげたる、いときらきらし」 〔俳諧・増山の井(1663)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android