コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御輿・神輿 みこし

大辞林 第三版の解説

みこし【御輿・神輿】

輿を敬っていう語。 《御輿》
神幸の際に神霊が乗る輿。屋根の中央に鳳凰ほうおうや葱花そうかを置き、台に何本かのかつぎ棒を通し大勢でかつぐ。平安中期に怨霊信仰が盛んになるにつれ広く用いられるようになった。しんよ。おみこし。 《神輿》 [季] 夏。
(「輿」を「腰」にかけて)腰をいう。おみこし。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御輿・神輿の関連キーワードおみこし御輿

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android