コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御馬 ミマ

デジタル大辞泉の解説

み‐ま【御馬】

神・貴人などの乗る馬。また、美しくりっぱな馬。
「人もねのうらぶれ居るに竜田山―近付かば忘らしなむか」〈・八七七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の御馬の言及

【御津[町]】より

…北西部は丘陵地帯であるが,それ以外は平たんで田畑が開ける。音羽川河口の御馬(おんま)は江戸時代,年貢米の積出港であった。1888年,東海道本線開通に伴って御油(ごゆ)駅(現,愛知御津駅)が開設され,駅前周辺に集落が形成された。…

※「御馬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

御馬の関連キーワード打ち寄せる・打寄せる歌川広重(初代)小田原衆所領役帳東海道五拾三次御津(愛知県)東海道五十三次愛知県豊川市生類憐みの令煩う・患う浅科[村]御津[町]歌川広重村上専精ややまし衣ヶ浦湾今川氏輝葦田宿禰御目通り高沢忠順眉刀自女