コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御馬 ミマ

1件 の用語解説(御馬の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

み‐ま【御馬】

神・貴人などの乗る馬。また、美しくりっぱな馬。
「人もねのうらぶれ居るに竜田山―近付かば忘らしなむか」〈・八七七〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の御馬の言及

【御津[町]】より

…北西部は丘陵地帯であるが,それ以外は平たんで田畑が開ける。音羽川河口の御馬(おんま)は江戸時代,年貢米の積出港であった。1888年,東海道本線開通に伴って御油(ごゆ)駅(現,愛知御津駅)が開設され,駅前周辺に集落が形成された。…

※「御馬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

御馬の関連キーワードスリッパぎっぱ御座船玉の輿走り馬御言フラミンゴシクリッド西鉄クリッパースクリオーリョ種 (Criollo)クリオーロ種 (Criollo)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

御馬の関連情報