コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御魂祭 みたままつり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御魂祭
みたままつり

盆と年末に家ごとに行なわれる死者の霊をまつる行事の総称。特に大みそかの晩など年末の行事をさす。大みそかの晩には,中部地方から東北地方にかけての多くの場所で,家ごとに「御魂の飯」などと称される飯や握り飯を用意して供える行事が行なわれる。まつられる対象は,家の先祖や新仏歳神無縁仏悪神などそれぞれの場所で違いがある。長野県ではこの行事を「善光寺様の年取り」と呼ぶところもあり,供え物の飯を「餓鬼の飯」というところもある。また,四国地方では,「仏の正月」「死人の正月」などと呼んで,12月初巳の日に墓前で餅を焼いて食べることが行なわれてきた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

御魂祭【みたままつり】

魂祭(たままつり)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

御魂祭の関連キーワード御魂祭り生見玉歳暮

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android