コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御魂祭 みたままつり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御魂祭
みたままつり

盆と年末に家ごとに行なわれる死者の霊をまつる行事の総称。特に大みそかの晩など年末の行事をさす。大みそかの晩には,中部地方から東北地方にかけての多くの場所で,家ごとに「御魂の飯」などと称される飯や握り飯を用意して供える行事が行なわれる。まつられる対象は,家の先祖や新仏歳神無縁仏悪神などそれぞれの場所で違いがある。長野県ではこの行事を「善光寺様の年取り」と呼ぶところもあり,供え物の飯を「餓鬼の飯」というところもある。また,四国地方では,「仏の正月」「死人の正月」などと呼んで,12月初巳の日に墓前で餅を焼いて食べることが行なわれてきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

御魂祭【みたままつり】

魂祭(たままつり)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

御魂祭の関連キーワード御魂祭り生見玉歳暮

今日のキーワード

フェイクニュース大賞

第45代米国大統領のドナルド・トランプが、自らについての報道の中で事実と異なる不公平な報道をしたと主張する、2017年のニュースに贈った賞。18年1月17日に自身のTwitterで発表し、共和党のウェ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android