歳神(読み)としがみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

年神とも書く。歳徳神 (としとくじん) ,正月様,若年様ともいう。正月に家々で迎えて祀る神。その年の豊作,幸福を司る。年により来臨の方角が異なるが,その方角を明きのほう,恵方 (えほう) といい,万事にであるとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歳神の関連情報