コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微言 ビゲン

2件 の用語解説(微言の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

び‐げん【微言】

[名](スル)
微妙な言葉。意味の深い言葉。
それとなく言うこと。かすかにつぶやくこと。
「時器を見て―するのみ」〈織田訳・花柳春話

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の微言の言及

【謎】より

…〈わざ〉は神霊のなすところ(しわざ)を意味するから,〈わざうた〉とは人の世の乱れを警告する天の声というつもりであろう。また古代中国で,臣下が王の失政をいさめるために,微言(びげん),隠(いん)などと呼ばれる婉曲なたとえ話を王に語ったが,これも政治的文脈で活用されたなぞ掛けといえる。 なぞには子どもに物を教える教育的効果もあり,しばしば記憶促進に有効な韻文形式と結びつくことによって,その効果を高める。…

※「微言」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone