コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微言 ビゲン

デジタル大辞泉の解説

び‐げん【微言】

[名](スル)
微妙な言葉。意味の深い言葉。
それとなく言うこと。かすかにつぶやくこと。
「時器を見て―するのみ」〈織田訳・花柳春話

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

びげん【微言】

( 名 ) スル
かすかにつぶやくこと。 「只だ時器を見て-するのみ/花柳春話 純一郎
奥深いすぐれた言葉。 「 -殆ほとんど及びがたく侍を/六百番歌合」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の微言の言及

【謎】より

…〈わざ〉は神霊のなすところ(しわざ)を意味するから,〈わざうた〉とは人の世の乱れを警告する天の声というつもりであろう。また古代中国で,臣下が王の失政をいさめるために,微言(びげん),隠(いん)などと呼ばれる婉曲なたとえ話を王に語ったが,これも政治的文脈で活用されたなぞ掛けといえる。 なぞには子どもに物を教える教育的効果もあり,しばしば記憶促進に有効な韻文形式と結びつくことによって,その効果を高める。…

※「微言」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

微言の関連キーワード六百番歌合本荘 了寛春秋公羊伝馬淵嵐山微言大義公羊学点苔法公羊伝魏源

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android