微速度撮影(読み)びそくどさつえい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

微速度撮影
びそくどさつえい

映画技術用語。標準撮影速度 (毎秒 24コマ) 以下の速度で撮影すること。上映した場合,動きは逆に速くなるので,喜劇的な効果を得るため,あるいは俳優や動体の動きにスピードと迫力を出すために用いられる。一般にはコマ落し撮影と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

びそくどさつえい【微速度撮影】

映画撮影で、フィルムを標準速度(毎秒二四齣こま)より遅く送行させて撮影すること。このフィルムを標準速度で映写すると、長時間で変化する現象を短時間で再現観察できる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

微速度撮影の関連情報