コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平宗衍 まつだいら むねのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平宗衍 まつだいら-むねのぶ

1729-1782 江戸時代中期の大名。
享保(きょうほう)14年5月28日生まれ。松平宣維(のぶすみ)の長男。享保16年3歳で出雲(いずも)松江藩主松平(越前(えちぜん))家6代となる。幼少のため幕府より福井藩主松平宗矩(むねのり)ら一族に後見が命じられた。延享4年から藩主親政をおこなう。財政改革,新田開発,殖産興業につとめ,藩校文明館を創設。天明2年10月4日死去。54歳。号は南海

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松平宗衍

没年:天明2.10.4(1782.11.8)
生年:享保14.5.28(1729.6.24)
江戸中期の大名。生まれた日を18日とする説もある。幼名幸千代,出羽守を称し,南海と号す。松江藩主松平宣維の子。享保16(1731)年に襲封したが,翌年には農民一揆が起こり,また天災が相次ぐなど藩存亡の危機に見舞われた。宗衍は19歳になると家老政治を止めて藩主親政の「御直捌」を開始し,中老小田切備中を登用して積極的な財政振興策をとった。富商や地主から出資を求めて「泉府方」で利殖をはかり,年貢の先納者には土地を分与する「義田の法」を採用し,また櫨や鋳物などの殖産興業を行った。しかしこの積極財政は行き詰まり,宝暦2(1752)年には親政は停止され,小田切も引退する。明和4(1767)年に隠居し,のち剃髪して南海と号した。

(笠谷和比古)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

松平宗衍 (まつだいらむねのぶ)

生年月日:1729年5月28日
江戸時代中期の大名
1782年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の松平宗衍の言及

【松江藩】より

…出雲国(島根県)松江に藩庁を置いた藩。初期は外様,中期以降は親藩。1600年(慶長5)堀尾吉晴が出雲・隠岐両国24万石に封ぜられ,能義郡富田城に入る。07年島根郡末次の亀田山に移城を決定,11年に完成移転,以後歴代藩主の居城となった。34年(寛永11)断絶した堀尾氏に代わって京極忠高が入封,出雲・隠岐両国に加えて石見銀山の大森代官所支配地5万石も支配する。次いで京極氏が断絶して,38年結城秀康の三男松平直政が藩主となった。…

※「松平宗衍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

松平宗衍の関連キーワード土屋善四郎(初代)富本豊前掾(1世)松平雪川長沢東海生年月日松平治郷松平南海松平不昧朝日丹波富本節没年富本

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android