コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀南湖 ほり なんこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀南湖 ほり-なんこ

1684-1753 江戸時代中期の儒者。
貞享(じょうきょう)元年10月9日生まれ。堀杏庵(きょうあん)の曾孫(そうそん)。堀景山の従兄。母は木下順庵の娘。元禄(げんろく)8年安芸(あき)広島藩主浅野綱長につかえる。京都にすみ,藩主参勤のさいは伏見にむかえ,江戸におもむいて進講した。宝暦3年3月7日(一説に7月11日)死去。70歳。京都出身。名は正脩。字(あざな)は身之。通称は正蔵別号に習斎。著作に「安芸名勝志」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

堀南湖 (ほりなんこ)

生年月日:1684年10月9日
江戸時代中期の儒学者
1753年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

堀南湖の関連キーワード徳大寺公城石川麟洲武田梅竜生年月日堀厳山貞享儒者

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android