徳大寺公維(読み)とくだいじ きんふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳大寺公維 とくだいじ-きんふさ

1537-1588 戦国-織豊時代の公卿(くぎょう)。
天文(てんぶん)6年生まれ。久我通言(こが-みちとき)の次男。越中(富山県)般若野荘(はんにゃのしょう)で殺された徳大寺実通(さねみち)の養嗣子。天正(てんしょう)8年内大臣となる。従一位。天正16年5月19日死去。52歳。名は「きんこれ」「きんつな」ともよむ。

徳大寺公維 とくだいじ-きんこれ

とくだいじ-きんふさ

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android