徳大寺公維(読み)とくだいじ きんふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳大寺公維 とくだいじ-きんふさ

1537-1588 戦国-織豊時代の公卿(くぎょう)。
天文(てんぶん)6年生まれ。久我通言(こが-みちとき)の次男。越中(富山県)般若野荘(はんにゃのしょう)で殺された徳大寺実通(さねみち)の養嗣子。天正(てんしょう)8年内大臣となる。従一位。天正16年5月19日死去。52歳。名は「きんこれ」「きんつな」ともよむ。

徳大寺公維 とくだいじ-きんこれ

とくだいじ-きんふさ

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android