コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応保 オウホウ

3件 の用語解説(応保の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おうほう【応保】

平安末期、二条天皇の時の年号。1161年9月4日~1163年3月29日。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の元号がわかる事典の解説

おうほう【応保】

日本の元号(年号)。平安時代の1161年から1163年まで、二条(にじょう)天皇の代の元号。前元号は永暦(えいりゃく)。次元号は長寛(ちょうかん)。1161年(永暦2)9月4日改元。天然痘(てんねんとう)流行の凶事を断ち切るために行われた。『尚書(しょうしょ)』を出典とする命名。

出典|講談社
日本の元号がわかる事典について | 情報

応保の関連キーワード世宗応保長寛新熊野神社永暦佐藤忠信通志曼荼羅堂新熊野神社富家語

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

応保の関連情報