コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応保 オウホウ

デジタル大辞泉の解説

おうほう【応保】

平安末期、二条天皇の時の年号。1161年9月4日~1163年3月29日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おうほう【応保】

年号(1161.9.4~1163.3.29)。永暦の後、長寛の前。二条天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

おうほう【応保】

日本の元号(年号)。平安時代の1161年から1163年まで、二条(にじょう)天皇の代の元号。前元号は永暦(えいりゃく)。次元号は長寛(ちょうかん)。1161年(永暦2)9月4日改元。天然痘(てんねんとう)流行の凶事を断ち切るために行われた。『尚書(しょうしょ)』を出典とする命名。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

応保の関連キーワード八条院坊門局悰子内親王本朝無題詩最雲法親王妍子内親王新熊野神社新日吉神宮藤原育子藤原俊通重仁親王日野資実長沼宗政葛西清重青岸渡寺小犬丸保高倉天皇法住寺殿武田信光藤原宗輔藤原宗能

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android