コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳川和子 とくがわかずこ

5件 の用語解説(徳川和子の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

徳川和子【とくがわかずこ】

東福門院

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳川和子 とくがわ-かずこ

東福門院(とうふくもんいん)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典の解説

徳川和子

1607〜1678(慶長12〜延宝6)【天皇中宮】徳川家康の孫として天皇家に入内。 幕府と朝廷を献身的に繋いだ。後水尾天皇の中宮。院号は東福院門。二代将軍秀忠の8女。政治上・経済上重要な京都との関係の緊密化のため、1620年14歳で入内し、興子内親王明正天皇)らを生んだ。1624年に中宮。1629年に院号を受け、朝幕関係の円滑化に貢献した。入内後は、一度も江戸には帰らなかった。

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳川和子
とくがわかずこ

東福門院」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徳川和子
とくがわかずこ
(1607―1678)

御水尾(ごみずのお)天皇の中宮(ちゅうぐう)。東福門院(とうふくもんいん)と称した。父は2代将軍徳川秀忠(ひでただ)、母は浅井長政(あさいながまさ)の女(むすめ)徳子(崇源院)。和子の祖父徳川家康は、幕府の基礎が固まってくると、孫女を入内(じゅだい)させようと後陽成(ごようぜい)天皇に内意を伝えた。しかし天皇は先例がないと許可しなかったが、再三の要求に内諾を与えた。後水尾天皇即位後の1614年(慶長19)、勅使を派遣して和子入内を正式に幕府に伝えたが、その後大坂の陣、家康・後陽成上皇の死と続いたため入内は延期された。そして19年(元和5)に入内と決まったが、天皇寵愛(ちょうあい)の女官に子供が生まれたことが秀忠の耳に入り、ふたたび延期され、翌年ようやく14歳で入内して25歳の後水尾天皇の女御(にょうご)となった。23年興子(おきこ)内親王が誕生し、翌年(寛永1)には久しく絶えていた中宮にたてられ、さらに天皇の譲位により興子内親王が29年践祚(せんそ)して明正(めいしょう)天皇となったため、和子は東福門院と称された。天皇との間には明正天皇のほか2男3女があった。和子入内は徳川将軍家の権威を高めるとともに、よりいっそう朝廷が幕府の統制下に収められる契機となった。入内に伴って幕府から御附武家が派遣されたのもその一例である。[上野秀治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の徳川和子の言及

【東福門院】より

…江戸前期,後水尾天皇の中宮。2代将軍徳川秀忠の五女,和子。母は浅井長政の三女江与(崇源院)。江戸幕府初期の不安定な朝幕関係の中で,徳川氏の婚姻政策により後水尾天皇の女御として入内した。入内は1614年(慶長19)に決定されたが,大坂の陣や家康の死などでのび,20年(元和6)に実現を見た(和子14歳)。幕府の権力を背景とした婚姻であったが,入内後は和子の温順な性格もあって天皇との関係は良く,23年に一宮興子(明正天皇)を生み,翌年には中宮となり,のちさらに2男4女をもうけた。…

※「徳川和子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

徳川和子の関連キーワード小出吉重長曾禰虎徹慶長金慶長銀古筆了栄津軽信建土屋利直松平直良松本空庵万無

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徳川和子の関連情報