コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳川和子 とくがわかずこ

5件 の用語解説(徳川和子の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

徳川和子【とくがわかずこ】

東福門院

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

江戸・東京人物辞典の解説

徳川和子

1607〜1678(慶長12〜延宝6)【天皇中宮】徳川家康の孫として天皇家に入内。 幕府と朝廷を献身的に繋いだ。後水尾天皇の中宮。院号は東福院門。二代将軍秀忠の8女。政治上・経済上重要な京都との関係の緊密化のため、1620年14歳で入内し、興子内親王明正天皇)らを生んだ。1624年に中宮。1629年に院号を受け、朝幕関係の円滑化に貢献した。入内後は、一度も江戸には帰らなかった。

出典|財団法人まちみらい千代田
江戸・東京人物辞典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳川和子
とくがわかずこ

東福門院」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徳川和子
とくがわかずこ
(1607―1678)

御水尾(ごみずのお)天皇の中宮(ちゅうぐう)。東福門院(とうふくもんいん)と称した。父は2代将軍徳川秀忠(ひでただ)、母は浅井長政(あさいながまさ)の女(むすめ)徳子(崇源院)。和子の祖父徳川家康は、幕府の基礎が固まってくると、孫女を入内(じゅだい)させようと後陽成(ごようぜい)天皇に内意を伝えた。しかし天皇は先例がないと許可しなかったが、再三の要求に内諾を与えた。後水尾天皇即位後の1614年(慶長19)、勅使を派遣して和子入内を正式に幕府に伝えたが、その後大坂の陣、家康・後陽成上皇の死と続いたため入内は延期された。そして19年(元和5)に入内と決まったが、天皇寵愛(ちょうあい)の女官に子供が生まれたことが秀忠の耳に入り、ふたたび延期され、翌年ようやく14歳で入内して25歳の後水尾天皇の女御(にょうご)となった。23年興子(おきこ)内親王が誕生し、翌年(寛永1)には久しく絶えていた中宮にたてられ、さらに天皇の譲位により興子内親王が29年践祚(せんそ)して明正(めいしょう)天皇となったため、和子は東福門院と称された。天皇との間には明正天皇のほか2男3女があった。和子入内は徳川将軍家の権威を高めるとともに、よりいっそう朝廷が幕府の統制下に収められる契機となった。入内に伴って幕府から御附武家が派遣されたのもその一例である。[上野秀治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の徳川和子の言及

【東福門院】より

…江戸前期,後水尾天皇の中宮。2代将軍徳川秀忠の五女,和子。母は浅井長政の三女江与(崇源院)。江戸幕府初期の不安定な朝幕関係の中で,徳川氏の婚姻政策により後水尾天皇の女御として入内した。入内は1614年(慶長19)に決定されたが,大坂の陣や家康の死などでのび,20年(元和6)に実現を見た(和子14歳)。幕府の権力を背景とした婚姻であったが,入内後は和子の温順な性格もあって天皇との関係は良く,23年に一宮興子(明正天皇)を生み,翌年には中宮となり,のちさらに2男4女をもうけた。…

※「徳川和子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徳川和子の関連情報