コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳川幕府県治要略 とくがわばくふけんちようりゃく

大辞林 第三版の解説

とくがわばくふけんちようりゃく【徳川幕府県治要略】

徳川幕府の地方役人だった安藤博が民政の概略を記したもの。1915年(大正4)刊。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とくがわばくふけんちようりゃく【徳川幕府県治要略】

江戸幕府代官所支配勤務の大要を記した書。1915年刊。編者安藤博はおそらく関東郡代手付役と推測されるが,1869年(明治2)退職,静岡藩吏となり,廃藩後大蔵省に勤務し,のち本書を編集した。県治,吏員,管轄地,官庁,経費,職務,旅行をはじめ,土地,租税,検地,貢租,質地,貸与,貯穀,官簿,民簿,訴訟刑罰など絵入りで詳細であり,近世後期の幕府地方行政を知る好著。【大野 瑞男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徳川幕府県治要略
とくがわばくふけんちようりゃく

江戸幕府の県治行政一般についての解説書。安藤博編。1915年(大正4)刊。幕末期に地方(じかた)役人を勤め、のち静岡藩で郡政を担当した編者が、幕府直轄地における地方吏務の実状、徴租の仕組みなど民政の重要事項30項目について説明を加えたもの。雑話、雑件などの項目では勤役中の経験や見聞を豊富に織り込み、また、検地、収納、訴訟刑罰などの項目では解説図を挿入して、幕府の地方支配の実態をわかりやすく解説している。[飯島千秋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

徳川幕府県治要略の関連キーワード徳川幕府地方書手代民政概略

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android