コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳永昌勝 とくなが まさかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳永昌勝 とくなが-まさかつ

1605-1654 江戸時代前期の武士。
慶長10年生まれ。美濃(みの)(岐阜県)高須藩主徳永昌重(まさしげ)の長男。寛永5年父の流罪に連座して越後(えちご)(新潟県)新発田(しばた)藩主の溝口宣勝(のぶかつ)にあずけられる。のちゆるされて慶安3年幕府の寄合(よりあい)となった。承応(じょうおう)3年9月28日死去。50歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

徳永昌勝の関連キーワードレオ11世パスカル(Blaise Pascal)フョードル2世後光明天皇後光明天皇御義口伝後光明天皇かつら後西天皇シラノ・ド・ベルジュラック(Savinien de Cyrano de Bergerac)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android