コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳永秀之 とくながひでゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳永秀之 とくなが-ひでゆき

1818-1870 江戸時代後期の尊攘(そんじょう)運動家。
文政元年生まれ。佐伯稜威雄(さえき-いずお)の兄。周防(すおう)(山口県)防府の右田(みぎた)毛利家につかえ,牟礼(むれ)村の進徳舎で子弟におしえる。京都,大坂で遊説。萩藩の兵制改編の際,諸隊の脱隊騒動に連座し,明治3年3月4日切腹した。53歳。初名は秀信。通称は京平,恭平。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

徳永秀之の関連キーワード運動家尊攘

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android