コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳永秀之 とくながひでゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳永秀之 とくなが-ひでゆき

1818-1870 江戸時代後期の尊攘(そんじょう)運動家。
文政元年生まれ。佐伯稜威雄(さえき-いずお)の兄。周防(すおう)(山口県)防府の右田(みぎた)毛利家につかえ,牟礼(むれ)村の進徳舎で子弟におしえる。京都,大坂で遊説。萩藩の兵制改編の際,諸隊の脱隊騒動に連座し,明治3年3月4日切腹した。53歳。初名は秀信。通称は京平,恭平。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

徳永秀之の関連キーワード運動家尊攘

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android