徳永秀之(読み)とくなが ひでゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「徳永秀之」の解説

徳永秀之 とくなが-ひでゆき

1818-1870 江戸時代後期の尊攘(そんじょう)運動家。
文政元年生まれ。佐伯稜威雄(さえき-いず)の周防(すおう)(山口県)防府の右田(みぎた)毛利家につかえ,牟礼(むれ)村の進徳舎で子弟におしえる。京都,大坂遊説萩藩の兵制改編の際,諸隊の脱隊騒動に連座し,明治3年3月4日切腹した。53歳。初名は秀信。通称は京平,恭平。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

防府市歴史用語集「徳永秀之」の解説

徳永秀之

小野出身の志士で佐伯稜威雄[さえきいずお]の兄。とともに情報収集にあたりました。脱隊騒動に加わり、処刑されました。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android