コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐伯稜威雄 さえきいずお

防府市歴史用語集の解説

佐伯稜威雄

小野にある宇佐八幡宮の神官で、情報収集にあたりました。1864年(元治元年)、新撰組[しんせんぐみ]が尊王攘夷派の志士たちを襲った池田屋事件[いけだやじけん]で深い傷を負って捕らえられ、翌年亡くなりました。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐伯稜威雄 さえき-いずお

1824-1865 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政7年9月生まれ。周防(すおう)(山口県)佐波郡の鈴屋八幡宮の神職。文久3年長門(ながと)萩(はぎ)藩の八幡隊にはいり,京都で朝廷の動静を探索する。元治(げんじ)元年池田屋事件で新選組に捕らえられ,慶応元年6月4日京都六角獄で刑死。42歳。本姓は徳永。名は鞆彦。変名は宮藤主水。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐伯稜威雄の関連キーワード徳永秀之運動家尊攘

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android