コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐伯稜威雄 さえきいずお

2件 の用語解説(佐伯稜威雄の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

佐伯稜威雄

小野にある宇佐八幡宮の神官で、情報収集にあたりました。1864年(元治元年)、新撰組[しんせんぐみ]が尊王攘夷派の志士たちを襲った池田屋事件[いけだやじけん]で深い傷を負って捕らえられ、翌年亡くなりました。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐伯稜威雄 さえき-いずお

1824-1865 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政7年9月生まれ。周防(すおう)(山口県)佐波郡の鈴屋八幡宮の神職。文久3年長門(ながと)萩(はぎ)藩の八幡隊にはいり,京都で朝廷の動静を探索する。元治(げんじ)元年池田屋事件で新選組に捕らえられ,慶応元年6月4日京都六角獄で刑死。42歳。本姓は徳永。名は鞆彦。変名は宮藤主水。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

佐伯稜威雄の関連キーワード尊攘伊藤惣兵衛荻谷平八勝野森之介上岡胆治川勝寛治川津毎鎮田中長九郎谷村直三間半二

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone