徳田邕興(読み)とくだ ゆうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳田邕興 とくだ-ゆうこう

1738-1804 江戸時代中期-後期の兵法家。
元文3年生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。山県(やまがた)大弐,須藤一柳にまなぶ。島津流合伝兵学を創始したが,藩内で主流だった甲州流軍学と対立し,安永5年奄美(あまみ)大島に流刑となる。天明7年にゆるされて帰藩。文化元年11月11日死去。67歳。通称は小藤次。号は孫欲軒。名は「むらおき」ともよむ。著作に「武学関鍵」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android