徳目(読み)とくもく

大辞林 第三版の解説

とくもく【徳目】

徳を細目に分類して列挙した名称、またその細目の一。儒教での、仁・義・忠・孝など、昔から道徳の基本とされるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳目の関連情報