コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心に入る ココロニイル

デジタル大辞泉の解説

心(こころ)に入(い)・る

(「入る」が四段活用の場合)
心に深くしみる。
「何故(なにゆゑ)か思はずあらむ紐(ひも)の緒の―・りて恋しきものを」〈・二九七七〉
気に入る。心にかなう。
「なのめならず―・りて思ひいらるるもはかなし」〈・総角〉
納得する。よくわかる。
「西へ行く月をやよそに思ふらん―・らぬ人のためには」〈山家集・中〉
(「入る」が下二段活用の場合)
深く心に留める。熱中する。
「学問に―・れて、遊びの道にも入りたち給へる時に」〈宇津保・藤原の君〉
関心を持つ。親身になる。
「算を―・れて教へけるに」〈今昔・二四・二二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

心に入るの関連キーワード紐の緒の直入

心に入るの関連情報