コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忌諱 キイ

大辞林 第三版の解説

きい【忌諱】

( 名 ) スル
「きき(忌諱)」の慣用読み。

きき【忌諱】

( 名 ) スル
忌み嫌うこと。おそれはばかること。 〔「きい」と読むのは誤り〕
[句項目] 忌諱に触れる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

忌諱の関連キーワードパブリック・オカレンシズ文武二道万石通レールモントフ納屋助左衛門レーヌアールトンマゼーオ浪人(牢人)三ケ島 葭子万里小路政房ベランジェゲゼニウスオネッティ斎藤野の人千葉 命吉ウィクリフ世界救世教宇都宮遯庵フェヌロンセスペデス松宮観山

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

忌諱の関連情報